洗濯機の給水ホースの接続

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

洗濯機の取付が有料か無料かは引越し業者によって違いますのでお客様は確認が必要です。私はお使いの洗濯機の付属品が再利用できる場合に限って、できる範囲内でお取付をしています。「料金はいただきませんので保証はいたしかねます」というスタンスで数千台を設置してきました。

このページでは水道の蛇口と洗濯機の給水ホースの接続について書きました。

給水用ホース

必ず蛇口を閉めた状態で接続します。蛇口の先端が下の写真の形状になっていれば接続ができます。下の写真2枚は水漏れ防止のストッパー(止水弁)以外は先端が同じ形をしています。(散水用のジョイントの形状と似ていますので間違わないように注意が必要です。)

左はストッパー無し
右はストッパー有り
 

形状が洗濯機接続用になっていない場合は、口金(ジョイント)を使うか、蛇口ごと取り換えることになりますが、いままでには口金や蛇口の交換で対応ができない古い住宅がありました。口金は洗濯機を購入時の付属品として同梱されています。(中古の洗濯機には付属していないこともあります。)

口金(ジョイント)

ストッパーが有る蛇口の場合は、接続前に内部に水圧がかかっていないかを指で軽く押して確認します。押し込むことができないときは接続ができませんので元をゆるめて内部の水圧をにがしてあげます。

 
ストッパーを押し込めない時は
元をゆるめて水圧をにがす

給水ホースと蛇口の接続は写真の通りです。片手で行っているように映っていますが、実際の取付は水道部分に負荷がかからぬように両手を使っています。

ホースの先端を指先でつまんで
引き下げる
  
引き下げたまま差し込み
元に戻して「つば」にフックをかける
  

フックをひっかける「つば」がない蛇口もあります。フックがない給水用ホースもあります。

取り付けた後は蛇口をゆっくり開いて水漏れがないか確認します。接続部から水が漏れることがいままでに数回ありましたが、付け直したらおさまりました。