洗濯機のエルボ

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

洗濯機の取付が有料か無料かは引越し業者によって違いますのでお客様は確認が必要です。私はお使いの洗濯機の付属品が再利用できる場合に限って、できる範囲内でお取付をしています。「料金はいただきませんので保証はいたしかねます」というスタンスで数千台を設置してきました。

洗濯機の汎用エルボ
 

上の写真は市販の汎用のエルボですが、全く同じものや形がそっくりのものがほとんどの住宅の洗濯機置き場に付属しています。(エルボは全ての洗濯機置き場に必要だということではありません。)

引っ越し先で洗濯機を設置する際にこのエルボがないことがあります。そしてそれはわりと多いです。全ての住宅にエルボが取り付けられているとは限らないし直接見たわけでもないのですが、おそらく以前の住人さんの内のどなたかが間違って持っていかれたのではと思ってしまいます。

排水ホースにエルボをつけないで洗濯機を設置するとホースが浮き上がってしまうことが多々あります。そして洗濯機が排水エラーになる(故障ではありません)ことがあり、ホース内に常に水が残って衛生的にもよくありません。

 

エルボに結束バンドが付属しているときは下の写真のように2通りの方法のいずれかで使います。(黒いバンドが結束バンド)

 

洗濯機の機種によっては排水ホースが細い場合があります。その時は市販のビニールテープをホースの先端に数周回巻き付けて径を太くします。さらにエルボとホースが離れないようにテープでつなぎます。

 

エルボから排水ホースを外す際は先端のスリーブがある場合は残さないように注意します。(現場でよくみかけます。私も外し忘れることがあります。)

 

洗濯機等の一部の機種では排水ホースが太いことがあり、またお住まいの排水口が市販のエルボでは対応ができないことがあります。エルボを購入する時はホースと排水口の直径を確認してから購入されたほうが良いと思います。