洗濯機用の蛇口交換

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

洗濯機の取付が有料か無料かは引越し業者によって違いますのでお客様は確認が必要です。私はお使いの洗濯機の付属品が再利用できる場合に限って、できる範囲内でお取付をしています。「料金はいただきませんので保証はいたしかねます」というスタンスで数千台を設置してきました。

私は引っ越し作業中にお客様が交換用の蛇口(ニップル)をお持ちのときに限り、無料で洗濯機の蛇口交換の依頼をお引受することがあります。ご自身で蛇口を交換されるときは自己責任で行われます様、お願いをいたします。

写真の蛇口は交換可能です。新しい蛇口を購入する前に交換予定の蛇口を外しておきます。

蛇口(ニップル)
 

水栓を閉じた状態で、蛇口と水道のつなぎ部分のナットを工具で反時計回りにまわして外します。水道管の根元の壁に負荷がかかりやすいので注意します。

パイプの中にゴム製のリング(パッキン)が残っていれば外します。

リングがあれば外して保管

引っ越す際には元の蛇口に戻す必要があります。パッキンやナットを無くさない様に透明なビニール袋に入れて保管します。透明な袋に入れておけば、たまにそれを目にすることで交換したことを忘れにくいと思います。

引越し業者の方では交換された蛇口なのか、最初からついていた蛇口なのか、わかりません。お客様の記憶だけが頼りですが、思い出せないときでも作業中に取外された蛇口を見つけたら交換されていると判断ができ、入居時の状態に戻していくことができます。

新しい蛇口の購入はホームセンターか電器店で、古い蛇口を店員さんに見てもらってからの方が無難です。規格があわずに交換用の蛇口が見つからない場合でも無駄な出費がおさえられます。それで先に「新しい蛇口を購入する前に交換予定の蛇口を外しておきます。」と書きました。

蛇口を取り付けるときはリング状のゴム製のパッキンの向きに注意します。(パッキンを必要としない洗濯機用の蛇口をみたことがあるような気もします。)購入時のままの向きを変えずにそのまま取り付けます。もしも向きがわからなくなったら、パッキンに表と裏がある場合は溝がある方を自分から見て奥になるように(溝がある方を水が流れてくる方向に)向けて取り付けます。(品物によって表裏がないパッキンがあります。)

左のパッキンが溝あり

購入時の蛇口にはリング状のパッキンがセットされています。(パッキンを必要としない洗濯機用の蛇口をみたことがあるような気もします。)そのままナットを締められる位置まで差し込んで取り付けます。深く差し込めないときは、先にリングだけをセットしてから差し込めばうまくいくことがあります。

最後にナットを水道管の根元の壁に負荷がかかりやすいので注意しながら締めます。ほとんどの場合は強く手で締めるだけで大丈夫です。接続部から水漏れがある場合は工具を使って軽く締め付けるだけで漏れが止まることがほとんどでした。