洗濯機用の蛇口の形状

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

洗濯機の取付が有料か無料かは引越し業者によって違いますのでお客様は確認が必要です。私はお使いの洗濯機の付属品が再利用できる場合に限って、できる範囲内でお取付をしています。「料金はいただきませんので保証はいたしかねます」というスタンスで数千台を設置してきました。

このページでは洗濯機を設置する水道の蛇口の形状について書きました。洗濯機の給水ホースを接続する蛇口には口金(ジョイント)が必要な場合と直接接続(直付け)する場合があります。

口金(ジョイント)
蛇口のサンプル

口金が必要かどうかの判断は水道蛇口の形状でわかります。直付けする洗濯機専用の蛇口の先は下のようになっていてみな同じ形をしています。(散水用のジョイントの形状と似ていますので間違わないように注意が必要です。)

洗濯機専用の蛇口の先端
(口金が必要ない)

洗濯機専用の蛇口には、給水ホースがはずれた場合の水漏れを防止するストッパーがついているものがあります。

ストッパーがついた蛇口

住宅の築年数が新しいほど、初めから洗濯機専用の蛇口が設置されていることが多いです。

新品の洗濯機には口金が付属品として付いています。(中古品では紛失してない場合があります。)口金や直付けの蛇口は、ホームセンターや電器店で購入することができます。洗濯機売り場、もしくは水道用品売り場で販売されていることが多いです。

口金を使う場合は洗濯機までの接続部が1つ増えるので、水漏れのリスクの箇所が1つ増えることになります。口金はしっかり取付ができていれば問題ありませんが、リスクが少ない洗濯機専用の蛇口に交換されるお客さまもいらっしゃいます。