段ボールにかかる料金

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

このページは、サイト運営者が荷造り用の段ボールを依頼された場合にかかっている料金について書かれています。

TAKE引越センターでは引越し用の段ボールがほしいというお客様のご要望には可能な限りお応えします。用意する段ボールの料金は、お使いの分だけ引越代とあわせてご精算をさせていただいてます。未使用は返品していただければその分の料金はいただきません。

段ボールは直接工場から108円(1箱、税込、2018年)で仕入れています。引取に行きますので実費や手間を含めると、単価130円くらいです。そしてお客様に対しては1箱に付き150円(税込)のお値段を提示します。

玄関前へ立て掛けでき、かつ地理的にお届が可能な場所へは直接配達をいたします。この場合の配達料はいただきません。

直接お届が困難な場合は宅配便を利用しますが、送料は10枚までは当方で負担しています。まとめてひとつの荷物として送ることができないので、11枚を超えるところからの送料はお客様にご負担をお願いしています。

配達まで含めると段ボールは赤字になります。それでも配達を引き受ける理由が3つあります。

  • 他業者さんと比較される
  • 大きさがそろって作業がはかどる
  • 配達する段ボールに必要最低限の強度がある

お客様ご自身で荷造り用の段ボールをご用意いただくことについては全く問題ありません。