箱詰めを強くお願いする理由

1万件から学んだこと
サイト運営者より
このページは主に運営者個人が実際に体験したことをもとにして書いています。私は今まで引越し会社に勤務したことがありません。無謀にも未経験のまま24年前に看板を出してしまいました。

私は段ボール箱に入るサイズの小荷物は全て荷造りしてくださる様に強くお願いしています。このページでは箱詰めのメリットについて書いてみました。

紛失のリスクが少なくなります。

荷造りした段ボール箱は中身がこぼれないように必ずテープで閉じます。そうすればれば書類やリモコン等の小荷物ががなくなるということはありません。小荷物を荷台から下ろし忘れることもありません。

歩く距離が少なくなります。

手で一度に2~3箱まとめて運べるので部屋と作業車との間を往復する回数が少なくなります。特に階段を使って作業する場合は作業量が圧倒的に減ります。

高く台車に積み上げることができます。

エレベーターがある建物では台車を使うことがほとんどです。通路が長い建物でも台車を利用したほうが効率よく作業ができる場合があります。荷崩れしやすい荷物は段ボールにまとめて台車を使って運びます。

場所をとりません。

狭いスペースでも積み上げて置くことができれば見た目もすっきりします。引っ越し後、お客様はすぐに使う小荷物が入った箱から荷解きをすれば時間に追われるストレスが軽減されると思います。

荷台への積込が簡単。

トラックでの輸送時も荷物をこわさないように気を使います。荷台に積込む際は箱に入っていない小荷物の配置に苦労します。適度なサイズで大きさがそろっていて積み上げてもつぶれない強度がある段ボールに限れば、トラックへの積込は簡単です。

予定の時間内で作業を終えられる

荷造りが不完全なケースでは、次にお客様が控えているとき予定した時間内に作業を終えることができずにあせることがあります。